2016-11-2 支援

こんにちは。

篠崎です。
昨日11月1日、熊本に視察と支援に行ってきました。

2016年4月14日に発生した熊本地震。
今回は特に被害が大きかった益城町を視察して、
その後、本当に微力ですが私にできる形の支援をさせてもらってきました。

震災で半年以上がたち復興に向かいつつはありますが、
まだまだこれからという状況です。

14681853_330168867355931_7171761928209431541_n

何とか住むことは出来ても傾いた家、液状化で歪んだ道路、
撤去作業もまだ完了しておらず倒壊したままの家屋もあります。

14908196_330168940689257_7061965198127142869_n

被災者の気持ちは、この出来事を忘れないでほしい。
熊本震災が忘れられることが一番つらい。といいます。

東日本大震災もそうですが、
忘れてはいけない事だと誰もわかっていると思います。
でも、時間がたってTVなどで取り上げられる機会が
少なくなってしまうと、

私もそうですが普通の人は
つい日常の生活に気を取られ忘れてはいけないことを
だんだん忘れて行ってしまう事があるような気がします。

14938150_330168977355920_949568466886129535_n

日ごろから何か特別なことができるわけではないかもしれませんし、
個人では大きなことは出来ないと思います。

でも、忘れなければ、
気持ちに寄り添うことは出来るかもしれませんし、
個人でも、ほんの少しのことでも、小さなことでも、と思えば、
何かできることがあるかもしれません。

私がしてきた支援はとても小さなことでしたが、
現地を見て話を聞いて感じたことを伝えることも
私にできる小さなことの一つになるのではと思いました。

何人の人に伝えられるか分かりませんが、
たとえわずかな人にでも、
熊本だけでなく東日本大震災のことも含めて
震災を思い出すきっかけ、忘れないきっかけ、
被災した方の気持ちを考えるきっかけ、
になれたらいいな。
と思っています。

新規コメントの書き込み